ソムタムのブログ

ベトナムやタイ、子育て、仕事観などについて語るブログです。

東京発ホーチミン行のJALでオーバーブッキングに遭遇した時の話!ボランティアに名乗り出ておこづかいをゲットしよう!

国際線の飛行機で「オーバーブッキング」に遭遇したことはありますか?

 

オーバーブッキングとは、航空会社がキャンセルを見越して、実際の座席数よりも多くの予約を受け付けた結果、座席が足りなくなってしまう状況を指します。予約数が座席数を上回ってしまうオーバーブッキングは、出発の数日前や直前などに判明します。

 

どうしてオーバーブッキングが発生するのでしょうか。

考えられるケースとしては、

①飛行機会社が予約管理に失敗し、座席数を上回る予約を取ってしまった。

②台風などの天候が原因で欠航があり、予約が特定の便に集中してしまった。

③ビジネスマンの利用が多い路線であるため、予約の変更やキャンセルが発生しやすい。

などがありそうです。

 

①予約管理の失敗

これは航空会社の責任ですので、どうしようもないですね。

②台風などで欠航が発生

このケースは人知を越えているので、どうしようもありません。

③ビジネス需要の高い路線

これはどういうことでしょうか。一般的に、旅行客が集まりやすい観光地への便は団体客を中心に予約が入っているため、テロなどの不測事態が起こらない限りはキャンセルはあまり発生しません。ところが、会社都合で動いているビジネスマンは時々の状況によって予約の変更やキャンセルを行います。

航空会社にとって予約の変更やキャンセルが発生しやすい便とは、すなわち空席リスクが高いということです。空の座席を抱えたまま飛行機を飛ばしてしまうと、無料で空気を運んでいるのと一緒です。航空会社は実際の座席数を承知していながら、一定のキャンセルを見込んであえて多くの予約を受け付けることで、空席リスクを回避しているのです。

 

さて、こうした諸々の理由で発生するオーバーブッキング。当然、このままで行くと、ちゃんと予約したにも関わらず搭乗できない人たちが出てくることになります。

そうした時、航空会社は何としても席を譲ってくれる人を探すことになります。それがいわゆる「ボランティア」で、係員がチェックインカウンターなどで「座席を譲ってくれる人を募集しています!」と呼び掛けるのです。

 

私が搭乗予定だったのは、成田空港発ホーチミン行の日本航空JAL)です。当時はベトナムホーチミンに住んでおり、一時帰国していた東京から戻る途中でオーバーブッキングに遭遇しました。予約していたフライトは以下の通りです。

 

JL759便 成田(17:50)→ホーチミン(22:25)

 

一眼レフを趣味にしている私はこの日、いつもより早めに空港に到着、チェックインして手荷物を預け、展望デッキで飛行機を撮影する予定でした。

チェックインカウンターにたどり着いたのは13時半ぐらいでした。通常、国際線は2時間前にチェックインすればよいとされていますので、相当早い到着でした。JL759便のチェックインカウンターはもしかするとまだ開いていないのではないか?と心配しながら近づいていくと、何となく様子がおかしい。係の人から「どちらの便に搭乗予定ですか?」と聞かれたので、搭乗する便を伝えるとともに、eチケットとパスポートを差し出します。

すると、「この便は満席の予定です。もしお急ぎでないようでしたら、他の方に座席を譲っていただけませんでしょうか。ご協力いただければ…」との申し出が係の人からあったのです。初めての経験なので最初はよく分からなかったのですが、話をさらに聞くと、「予約していた便は(オーバーブッキングで)座席がないので、別の便(別航空会社の別の便)に振り替えてくれませんか?協力いただければ謝礼をお渡しします」という内容でした。具体的な協力内容と謝礼は以下の通りです。

 

<協力内容>

①JL759便は今のところ満席予定なので、このままチェックインせずに空港内で待機する。

②15:50(出発予定時刻の2時間前)まで満席状況であれば、19:00発のベトナム航空VN303便に振り替える。

③ただし、15:50までにキャンセルが出て座席に余裕ができれば、予定通りJL759便に搭乗する。

 

<協力報酬>

①現金20,000円をお渡し(VN303便への振り替えが決定したら)

②空港内で使えるミールクーポン1,500分(振り替え決定までの待機時間に使うため)

 

私としては、日系の航空会社に特別なこだわりはなく、ベトナム航空でも全く構わなかった。出発が遅くなりホーチミン着が深夜になってしまっても、現地の自宅に空港からタクシーで帰るだけだし、格別急ぐ理由もなかった。何より、飛行機を振り返るだけで協力報酬として現金20,000円もらえるのはとても魅力的。こうした理由から、協力の申し出を快く受けることにしました。

ミールクーポンを使いながら時間を潰し、15:50にチェックインカウンターへ戻ってみると、やはりJL759便は満席のまま。その場でVN303便への振り替え手続きをして、現金20,000円を受け取りました。その後、ベトナム航空のチェックインカウンターへ向かい、19:00発の便でホーチミンに戻りました。

 

以上のように、オーバーブッキングのボランティアに協力した結果、おこづかい20,000円をゲットできました。しかし、デメリットというわけではないですが、VN303便への振り替え決定を15:50まで待たなければならなかったのは結構しんどかったです。

17:50発のJL759便になるのか、それとも19:00発のVN303便になるのかソワソワしながら、ミールクーポンで食事をしたり、飛行機を撮影したりして時間を潰すことになりました。

また、JALの国際線チェックインカウンターは第2ターミナルにありますが、ベトナム航空は第1ターミナルです。さんざん待った上に、キャリーバックを引きずって第1ターミナルに向かうのはなんだかみじめでした。

 

ちなみに、このオーバーブッキングでのボランティアですが、デルタ航空ユナイテッド航空などのアメリカ系の航空会社で遭遇しやすいようです。

また、協力報酬もオーバーブッキングの状況次第でさまざまあり、現金(20,000~100,000円)やマイレージ(数千~数万マイル)、空港近くのホテル(翌日以降の便へ振り替えた場合)、エコノミークラスからビジネスクラスへアップグレードなどのケースがあるようです。振替便の出発が数時間後〜翌日、出発時間が刻々と近づいているにもかかわらずボランティアがなかなか集まらないなど、航空会社として窮地の状況になればなるほど協力報酬も釣り上がる傾向にあります。需要と供給のバランスですので、当然です。私も交渉によっては20,000円以上の特典があったのでしょうか。。。

 

今回の私の経験を改めて振り返ってみると、以下のように行動するとボランティアになれる可能性が高まりそうです。

 

①空港には早めに到着する

ボランティアの募集があったとしても、大部分の人が「こちらも予定があるのだから、このまま予約した便に乗りたい」としてチェックインしていくと思います。しかし、私みたいな一部の人間は、「出発が1時間ちょっとぐらい遅くなったとしても、何ら構わない。むしろ、協力金がもらえるならお得だ」として快く協力を引き受けることでしょう。

タイやベトナムなど東南アジア方面への国際線に搭乗する人で、「土日祝日の夕方」などビジネスマンがよく乗りそうな時間帯で航空券を予約している人は、早めに空港へ向かってはいかがでしょうか。

②募集を知ったら、早めに名乗り出る

ボランティアは空港のチェックインカウンターなどで、係員のアナウンスや張り紙、掲示板を通じて募集しているようです。先着順となりますので、募集を知ったら、出来るだけ早めに名乗り出るのが肝心と言えそうです。

 

以上、オーバーブッキングでおこづかいをゲットする話でした。かなりお得なボランティアになりますので、早め早めの行動を心がけることで、オーバーブッキングへの遭遇率を高め、おいしい特典を手にしましょう。

「現地採用」で海外就職するならどこの国にする?タイやベトナムの東南アジアがおすすめ!

海外で働くという選択肢を考えた時、真っ先にどこの国で働くことをイメージしますか?

 

得意な語学が活かせる国、経済成長が著しく活気のある国、気候が温暖な国、食べ物がおいしい国、観光資源がたくさんある国、親日的な国などなど、選ぶ理由はさまざまだと思います。

 

語学という観点からは、英語が得意な人はやはりアメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏がまず思い浮かぶのではないでしょうか。ニュージーランドなんかもいいですよね。あるいは、仕事で中国語を使ってきたのであれば、中国や台湾などでさらに中国語の力を伸ばすという考え方もあるでしょう。北京や上海、天津などには日系企業が多数進出していますし、今後の中国の成長を考えれば、中国で語学を磨いて、「中国通」となっていくのもいいかも知れません。

 

しかし、英語はさほど得意ではないとしたら?TOEICも600~700点程度なので英語圏は不安。かといって、中国語ともこれまで縁はなかったし、中国で仕事をしながら暮らす積極的な理由が見当たらない。としたら?

 

英語圏でも中国圏でもなく、海外で働くとしたらどこの国がいいのでしょうか?私は、観光でも人気の高い「東南アジア」をおすすめしています。

 

東南アジアといっても地域の名称ですので、具体的にはタイやシンガポール、マレーシア、ベトナムインドネシア、フィリピンなどの国々です。東の中国、南のインドに挟まれた地域で、それぞれの文化や宗教、民族などが融合しています。

 

世界遺産アンコールワットで有名なカンボジアも東南アジアの一国ですし、アウンサンスーチーさんのいるミャンマーも今後の発展が期待できる国として注目を浴びており、こちらも東南アジアに属しています。バックパッカーに人気の高いラオスも東南アジアの国です。

 

ちなみに、ASEAN(アセアン=東南アジア諸国連合)という呼び方もあります。ほぼ同義ですが、ASEANは10か国(タイ、シンガポールベトナムインドネシア、フィリピン、カンボジアラオスミャンマー、マレーシア、ブルネイ)で構成されています。東南アジアは他称(ほかの国・地域によって名づけられた名称)で、ASEANは自らがそう呼び始めた自称だそうです。

 

東南アジアでもASEANでもいいのですが、共通するイメージは、①東京(日本)から飛行機で5〜6時間と比較的近く、②時差は1~2時間程度で、③年中常夏で暖かい、④人柄がよく総じて親日的。⑤物価は安く、⑥食べ物などもタイのトムヤムクンベトナムのフォー、インドネシアナシゴレンなど、比較的なじみの高いものが多いのが特徴です。英語圏でも中国圏でもなく、初めて海外で働く国として、東南アジアを選択肢にしてはいかがでしょうか。

 

①日本からの飛行時間は5時間ぐらい

日本から東南アジアまでの直線距離は約3,600キロ。成田空港や羽田空港関西国際空港中部国際空港などの主要空港から直行便が各都市へ就航しています。日本からの距離が一番近いフィリピンで4~5時間、タイやシンガポールへは約6時間となります。

 

シンガポールバンコクといった大都市ばかりではなく、最近ではミャンマー最大都市ヤンゴンカンボジアの首都プノンペンに日本からの直行便が就航したりと、東南アジア全域で日本からのアクセスが良くなっています。ベトナム一つをとってもみても、ハノイホーチミンを中心に日本からのフライトが増えています。また、格安航空会社も続々と日本〜東南アジア便を飛ばしており、東南アジア諸国はますます日本に近い国になっています。

 

東南アジアでの就職を考えると、直行便が就航するバンコクホーチミンシンガポールジャカルタなどの都市などがメインになってくるかと思います。乗継などの不便はなく、直行便で5~6時間と考えればだいぶ気楽です。新幹線で東京~広島が約4時間であることを踏まえると、結構近い距離に東南アジアがあることに気付くのではないでしょうか。

 

②時差は1~2時間程度

東南アジアの国々は日本より東に位置しているため、ほとんどの国で日本から遅れています。フィリピン、シンガポール、マレーシアなどは1時間遅れ、インドネシア、タイ、ベトナムカンボジアなどは2時間遅れ、ミャンマーは3時間半遅れとなります。日本時間の午後8時は、フィリピンで午後7時、タイで午後6時といった具合です。

言うまでもなく、時差はないに越したことはありません。日本⇔東南アジアの移動に伴い時差ボケになることもないですし、日本にいる家族や友人と国際電話するときも時間を気にする必要がないからです。

 

③年中常夏で暖かい

日本は四季があるのがいいところでありますが、逆に言えば一年で寒暖の差が激しいということ。夏の蒸し暑さも嫌になりますが、冬の寒さも辛いものです。

東南アジアの国々は一年を通じて日本の真夏並みに蒸し暑い気候です。バンコクでは平均気温が30℃前後と蒸し暑く、7~10月に雨季、11~3月に乾季があります。赤道直下に位置するシンガポールでは一年を通して高温多湿ですが、雨季と乾季の区別はあまりはっきりしていません。

毎日が常夏といっても過言ではない東南アジアですが、現在ではオフィスや外国人向けマンション、デパート、電車やタクシーなどの公共交通機関でエアコンが普及しています。室内は日本以上にエアコンで冷えているので、旅行ガイドブックでは羽織るものを持参した方がいいと書かれています。

 

④人柄がよくて総じて親日

東南アジアを観光などで訪れたことがあれば、その人柄の良さに惹かれたことでしょう。特に日本に対する興味・関心から、日本人への優しさは相当なものです。反日報道が相次ぐ中国や韓国とは対照的に、東南アジア諸国の親日的な姿勢に安心感を覚えるものです。実際、国際アンケートなどでも東南アジア諸国の日本に対するイメージは総じて良好であることが分かっています。近年では、2012年以降に中国リスクが顕在化したことで、日本企業の東南アジアへの進出が加速していますが、安価な労働力を評価するだけでなく、ローカル人材の親日的で勤勉な姿勢を評価する声が高まっています。

また、東南アジア各国で日本ブームがかつてないほど広がっています。タイのバンコクなどでは日本食をはじめとする日本文化で溢れ返っているほど。新規オープンするデパートなどでは集客の目玉として日本文化を積極活用しています。スーパーなどで売れている飲食物のパッケージにはちょっとしが日本語が添えられています。これは、日本=安全安心の象徴として高いブランド力を持っているからで、日本に対する信頼の証です。

 

⑤物価が安い

東南アジアの物価は経済成長を背景に上がってきてはいるものの、日本の2分の1とか、4分の1程度。例えば、バンコクで買う500mlペットボトルのコーラは約17バーツ、日本円で50円ぐらい。タクシーは初乗り料金が35バーツですので、100円ちょっと。ローカル屋台で食べるタイ飯は、30~40バーツ(90~120円)が相場です。

ちなみに、日本人でも愛好家が多い「タイ古式マッサージ」は1時間250バーツ~、日本円で750円ぐらいから利用できます。日本で受けるマッサージは10分1,000円が相場ですので、どれだけお得かお分かりいただけるかと思います。

 

⑥比較的なじみの高い食べ物が多い

東南アジアの食べ物と言えば、タイでは「トムヤムクン」「パッタイ」などが有名です。インドネシアでは「ナシゴレン」、ベトナムでは「フォー」でしょうか。最近ではオバマ前米国大統領がベトナムの首都ハノイを訪問し、「ブンチャー」と呼ばれるベトナムの名物料理に舌鼓を打ったことが話題になりました。

日本でも東京や大阪を中心にタイ料理屋をいたるところで目にします。コンビニやスーパーでは「トムヤム」味のインスタントラーメンやインスタント「フォー」などが売られていたり、OL向けにエスニック風にアレンジした「春雨サラダ」をよく見かけます。このように、日本でも近年身近になりつつある東南アジアの食べ物ですが、現地で暮らせば日本国内で食べるよりもはるかに安い金額で食すことができます。

もちろん好き嫌いもあるかと思いますが、前述のように日本料理屋や日本食材を取り扱う店も増えてきています。そのため、一週間毎日現地の食べ物で過ごさなくてはいけないという訳ではありません。ただ、安くておいしいローカルフードに興味や関心が強ければ強いほど、生活の充実度は増してくると思います。

 

以上、海外就職の観点から東南アジアという地域に注目してみました。もちろん、東南アジアといっても、前述したように多種多様な国で構成されていますので、一概にひとくくりはできません。しかし、上記①~⑥を満たす東南アジアの国々は、海外で初めて就職するような人たちにとって、最適な選択肢を用意してくれているのではないでしょうか。

 

当ブログでは、海外就職、特に東南アジアでの就職について考察します。

 

「現地採用」という選択肢をもっと考えてみて!

窮屈な日本を飛び出して、海外で就職しよう!「現地採用」という選択肢を考えてみて!

「いつかは海外に飛び出て、思いっきり働いてみたい!」

日本で日々働きながら、ふとそんな気持ちになったことはありませんか?

 

仕事すること自体は別に嫌いなわけではない。でも、日本はいかにも窮屈で、毎日がとても疲れる。毎朝満員の電車に揺られ、出社したときにはもうヘトヘト。職場では歳の離れたおじさん上司や気が強い先輩に囲まれ、常に周囲の顔色をうかがいながら過ごしている。する仕事と言えば、上から降ってきた無茶ぶりか、代々引き継がれてきたルーティン作業ばかり。

 

「別に自分じゃなくてもできる仕事ばかりでは?」「なんで自分はこの部署に異動してきたのだろう?」

 

仕事があるだけでももしかしたらラッキーなのかもしれない。でも、何か今一つ満ち足りていない気がしてならない。自分はもっとクリエイティブで、やりがいのある仕事がしたいのに。。。

 

多くの日本人は日本に生まれ、日本の学校を卒業して、日本の会社に就職するのがごく当たり前と思っている。でも、会社人生40年+αをすべて日本国内で過ごす必要はあるのだろうか?

その他大勢の日本人が日本国内で仕事をこなしていてくれる限り、自分ひとりぐらいは少しぐらいレールを外れたって大丈夫なはず。数年日本を離れて寄り道したって、後々いくらでも修正はきくのではないか?

 

第一、日本を離れて海外に出るにしても、バックパッカーみたいに自分探しをするわけではない。海外留学して今さら学生に戻るわけでもない。

むしろ、自分一人は思い切って日本を飛び出して、その他大勢の日本人とは違った会社人生を海外で歩むことで、「替えのきかない人材」になることはできるのではないのか?

窮屈な日本を思い切って飛び出すことで、そこから「非連続」に新しい会社人生を出発させる。例えば、海外で就職をし、日本では得られない会社人生を異国で送る。さまざまな国籍の人たちと出会い、もまれ成長することで、日本では絶対に得ることのできない経歴を残す。そして、いつの日かまた日本に帰国し、日本企業に再就職した際、他では替えのきかないユニークで、オンリーワンの人材になる。

 

当ブログでは、海外就職、特に東南アジアでの就職について考察します。

 

「現地採用」という選択肢をもっと考えてみて!

祝・ブログ開設

初めまして、ソムタム(タイ語で「青パパイヤのサラダ」という意味です)です。

 

このブログでは、タイやベトナムカンボジアなどの東南アジア関係の話題、登山、釣り、子育て、絵本、証券投資などについて、気ままに紹介していきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。